出張時は、とても仕事がハードで心身共に疲れきってしまいます。ですが、滞在先のビジネスホテルで出張マッサージの予約をしていたので、仕事後、お風呂上がりに出張マッサージを利用するようにしたので、仕事後の楽しみができ張り切って仕事に集中できます。やはり出張中は、こうした普段とは違うリフレッシュ方法を見つけておくことは重要です。かなり仕事もハードですし、体も硬くなってしまって肩こりや眼精疲労など、色んな症状がでてきます。なので、体を温めたあとに出張マッサージを利用した方が良いなぁと思い、時間帯などもこちらの都合に合わせて部屋に来てくれるから移動することもなく、部屋で施術を受けられるのは便利です。出張マッサージを利用した後は、体の緊張感が取れてスッキリするのでグッスリ寝れますし、翌朝は頭もスッキリするので仕事に集中することができます。デトックス効果も実感でき、トイレに行く回数も増えてスッキリします。

上野恩賜公園が誕生した理由

上野のというと、上野公園を連想する人もいるでしょう。正式名称を上野恩賜公園といって、家族でのんびり過ごしたり、恋人同士が仲良くデートする場所にはピッタリです。
ですが、その歴史について知っている人はどれぐらいいるでしょうか。
上野恩賜公園が日本で初の公園として誕生したのは、明治9年(1876年)のことでした。東叡山寛永寺の敷地だった上野の山は、本来は陸軍病院や陸軍墓地として利用されることが決まろうとしていました。そのときに、猛反対した人物がいました。軍医であったオランダ人のボードワン博士です。彼は、上野の美しい大自然を見て、公園を建設するべきだと熱心に政府を説得しました。そのおかげで、上野の山は人々が余暇を楽しむ公園になることができたのです。
春には桜を楽しみ、秋には紅葉や銀杏といった、四季折々の植物の美しさが楽しめるのさ、ボードワン博士の尽力の賜物なのです。
上野恩賜公園の銅像といえば、西郷隆盛像が有名ですが、実はボードワン博士の像もあります。上野恩賜公園を訪れた際には、ボードワン博士の銅像を探してみるのも良いのではないでしょうか。

トップに戻る